独り言 1

原点に戻りカブ110とバラデロで徘徊中の50歳

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症

2009-02-28
雑記
一週間前から花粉症or鼻炎で苦しんでします。

皆さんいかがですか?

市販のカプセルを飲んでいますが、仕事中喉がカラカラになりますよね!

辛いこの季節あああ過ぎないかな!



明日は久しぶりに四国のカブちゃん主催の初詣で・・・もうだいぶん遅い

しまなみ海道の初詣「大山祇神社」ツーリングです。

カブでは花粉症でしんどいのでジェベルで行くことにしました。

ニセモノETCの出番です。大丈夫かな?



さて、先日カメラバックをまたもや新調しました。

デジイチのボディだけを入れたかったので小さいバック

レンズは別のバックで腰まわりに装着

こんなバックです。

IMG_1023.jpg
スポンサーサイト

ラバーシフトパット

2009-02-26
ジェベル250XC
ジェベルで山に入るのに、せっかく登山靴があるので使うことにしました。

早速シフトがあたる部分にパットを装着することにしました。

南海部品へ

これを購入しました。

IMG_1020.jpg

登山靴はこれ

シフトペダルがあたる部分が黒くなっちゃいました。

IMG_1019.jpg


装着後

IMG_1021.jpg


これで気兼ねなく履けますね。




その後、梅が咲いているので市内にある縮景園へ

IMG_0975.jpg


写真はこちら

掲示板はこちら




桜咲く

2009-02-13
家族
今日は長男が唯一受けた大学受験の合格発表がありました。

10時頃から仕事中の父はそわそわ

程なく奥様からメールが・・・・・

ドキドキ・・・・・

志望大学&学部に合格!


良かった~本人に電話  良く頑張ったね!

さて、入学金&学費

あああ~頭が痛い

これからが大変ですな!



スーツ購入

ノートパソコン購入

自動車免許取得

本人はいたって楽しそうです。


蘭祭り

2009-02-12
カメラ
植物園で蘭祭り

平日なのに来園者が多いですね。

今日は黄砂で視界が悪いようです。

IMG_0841.jpg


ジェベルにあまり乗らないので充電しました。

さあ!明日は長男の受験の合格発表の日

本人曰く、ダメだそうです。

しかたないですね(泣)



写真はこちら

掲示板はこちら




割引、

2009-02-09
バイク雑記
mixiでのらさんが、ETC割引制度の記事を抜粋されていました。

どうも私には理解しにくいので、いつでも見れるように保存しておくことにしました。







高速道路が1000円で乗り放題になる――。そんな嘘のような割引制度が、早ければ2009年3月中にも導入されることになった。

新たに導入される高速料金の割引とは、09年1月27日に成立した平成20年(08年)度の第2次補正予算案と、その関連法案に盛り込まれている経済対策の一つ。この1カ月、国会では定額給付金問題や消費税増税問題で紛糾していたが、補正予算の成立によって、関連法案に含まれていた「高速料金の値下げ」への関心が高まっている。

一体、どのような値下げが行われるのか。その内容を示唆する計画案が、08年1月16日に独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構と、高速道路6社から発表された。「高速道路有効活用・機能強化に関する計画(案)」と銘打ったこの計画案は、道路特定財源の一般化に基いて、08年から策定が進んでいたもの。補正予算案の関連法案が成立すれば、この計画案にある高速料金の値下げが09年3月中にも実施されるわけだ。

この計画案の内容について、まず概略を解説しよう。計画案には、2つの取り組みが明記されている。平成22年(2010年)度までの2年間に導入する「生活対策」と、「高速道路の有効活用・機能強化」の目的で約10年間継続する計画案だ。簡単にいうと前者は、高速料金を上限1000円にするという割引制度。後者は、生活対策として導入する割引が終了する平成23年(2011年)度以降に、現在の高速料金割引制度を追加・維持するためのものだ。

休日の都市近郊区間や首都高速・阪神高速にも割引を適用、ただしETC利用者だけ

では本題の、高速料金の引き下げに内容について紹介する。まず気になるのは、高速料金がいったいいくらになるのかということだ。ここでは、一般ドライバー(普通車、軽自動車、自動二輪の場合)のケースで解説していく。

注意したいのは、今回導入する割引はETC利用者の限定サービスとなる点だ。ETC利用者以外は、通常の高速料金を支払わなければいけない。さらに利用地域(地方、大都市圏、その他一部の道路)や日時によっても、割引内容に違いが出てくる。

まず、大都市圏の割引内容から見ていこう。割引の対象となるのは、日・休日(土曜日は含まない)の「首都高速」と、土・日・祝日の「阪神高速」。いずれも終日「500円」(一部路線を除く)で走行できる。

また高速道路の、大都市近郊区間を対象とした割引も拡充する。これまでETC割引が適用されなかった土・日・祝日の昼間帯(6時~22時)と、平日の夜間帯(20時~22時)の利用が、一律「3割引」になる。

地方部の高速道路は平日昼間でも3割引、休日は上限1000円に!

次は地方の高速道路。導入される割引は2つある。平日の全時間帯(終日)に適用される「3割引」(最大100kmまで走行区間分)と、土・日・祝日(終日)の「5割引」(上限1000円)だ。

地方の高速道路では平日に、5割引になる「深夜割引」(0時~4時)と、「通勤割引」(6時~9時、17時~20時)の時間帯が設定されている。この時間帯については、これまで通りの割引が優先される。このため新割引で得する時間帯は「4時~6時」「9時~17時」「20時~22時」の時間帯に利用した場合になる(22時~24時は既存の3割引/平日夜間割引)。つまり平日の利用なら、3割引か5割引のどちらかが必ず適用されることになる。

そして最後が、今回の割引で最大の目玉となる、地方高速道路の土・日・祝日の高速料金だ。生活対策による引き下げにより、終日「5割引」へと全面改定される。しかも上限料金が「1000円」に定められたことで、地方の高速道路なら実質、走り放題になった。こう書くと何とも魅力的な話に思えるが、1000円で済むのはあくまで地方の高速道路だけ。都市部などの割引適用外の道路を走行すると、その分の高速料金が上乗せされて徴収される。

東京・大阪近郊や特別な道路など、一部の区間は乗り放題の対象外

では、どのエリアや高速道路を利用すると、高速料金の上限1000円が適用外となるのか。まず一つ目は、本州と四国を結ぶ「本州四国連絡道路」(本四高速)と、川崎~木更津間を結ぶ「東京湾アクアライン」を利用した場合だ。この区間を走行すると、別途高速料金が加算される。料金は、本四高速が通常料金の最大5割引(上限1000円)。東京湾アクアラインも1回1000円かかる。これらの料金が地方高速料金の上限額1000円に加算されため、本州から四国に渡ろうと思うと、最低でも2000円が必要になる。

もう一つの例外が、首都高速と阪神高速の都市高速道路、そして高速道路の大都市近郊区間を利用した場合だ。ここでいう高速道路の大都市近郊区間とは、首都圏が中央自動車道の「高井戸IC~八王子IC」。東名高速の「東京IC~厚木IC」。関越自動車道の「練馬IC~東松山IC」。東北自動車道は「川口JCT~加須IC」。常磐自動車道は「三郷JCT~谷田部IC」。東関東自動車道路は「湾岸市川IC~成田IC」などの区間になる。

また京阪神圏では、名神高速道路の「大津IC~西宮IC」。中国自動車道が「吹田JCT~西宮北IC」。近畿自動車道、西名阪自動車道、阪和自動車道のそれぞれ均一区間などの区間が対象になる。

東京~福岡間が3750円! 青森~鹿児島なら2500円の大幅割引!

では、高速道路で長距離ドライブした場合の料金はどうなるのか。まず都市圏から地方へ出かける場合は、大都市近郊区間外へ出るまでの高速料金と地方の高速料金(上限1000円)。地方から大都市圏へと向かう場合は、地方分(上限1000円)と、通過した大都市近郊区間の高速料金がそれぞれ徴収される。ただし、地方区間~大都市区間~地方区間へと区間をまたがるように走行した場合、地方区分の2重徴収はしないため、地方区間分の高速料金は1000円しかかからない。

このため日曜・祝日に東京から福岡まで、首都高速-東名・名神・中国・山陽・九州自動車道と経由して向かった場合は、大都市圏近郊区間を含めて3750円しかかからない。通常料金(2万2700円)と比べると、実に1万8950円もの割引になる。

逆に首都圏以北、仙台方面(東北道利用時)へと向かう場合は、首都圏外の高速料金が1000円に抑えられる。一般有料道路を利用しなければ、どこで降りても2200円と格安だ。さらに青森~鹿児島間の場合、磐越道・北陸道を経由して東京近郊区間を迂回すれば、わずか2500円(地方区間1000円、京阪神圏区間1500円の計2500円)で済んでしまう。

3連休や5連休などの長い休みが多い2009年、長距離ドライブを楽しむチャンス

今回の新割引の導入で、がぜん魅力を増すのは高速道路を使う長距離旅行プランだろう。土・日・祝日ならいつでも休日割引が適用される。しかもこの割引は、高速道のICに入る日時か、あるいは出る日時が休日なら割引の対象となる。体力が続くなら、高速道路のパーキングに泊まりながら日本横断、なんてことも可能だ。

しかもうれしいことに今年は、3連休になる週末が6回(3月以降)もある。そのうち5月2日~6日のゴールデンウィーク後半と、9月19日~23日(21日が敬老の日、23日が秋分の日のため22日が国民の休日になる)と、2回の5連休が待っている。

高速料金の割引が計画通り施行されれば、今年の大型連休は高速道路を使って国内旅行……というプランが現実味を帯びてきそうだ。しかも現在の計画案では、観光バスなどへの割引適用の検討も明記されている。マイカー利用者以外も恩恵を受けられるようになるのか、今後に期待したいところだ。

近況

2009-02-04
家族
息子の受験真っ最中!

今日と明日は私が休みなので送迎担当です。

早く終わらないかな~って息子が一番思っているでしょう

家庭内もなんだかピリピリ状態で居心地悪いな~

IMG_0738.jpg


掲示板はこちら

バイクとカメラと独り言はこちら



Template: greentea2cL1

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © ヒロキチ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。